リフォーム

駐車場拡張工事

更新日:

駐車場のロープ張りをしていて、駐車場が狭くて、確保できる駐車スペースが「普通車4台+軽自動車1台分」であることが判明、「普通車5台が駐車できる」ように駐車場を1mほど拡張することにした。

雑草もろとも、スコップで庭を掘り起こしていく。先日の駐車場路盤工事の時と同様にコンクリート、レンガがたくさん出てきた。たぶんこれは、U字溝やU字溝のフタと思われる。

捨てるにもお金がかかるので、土留めと駐車場部分の敷石として使うこととした。

まずは、コンクリート支柱を移動する。コンクリート支柱をスコップとつるはしで掘り起こして、引っこ抜く。抜いてびっくり、コンクリート部分が60cmもあった。どうりでなかなか抜けないはすだ。

次は移動。男手は私一人、重すぎて持ち上がらない。なんとか転がしながら1mほど移動できた。

支柱を埋める穴を掘る。コンクリート部分が60cmの高さがあるため、50cm掘る。40cmくらいまでは黒土だったが、残り10cmほどは粘土質の土で硬くて掘るのが大変だっだ。家庭菜園で30cmくらいの穴はよく掘っていたが、50cmも掘るのは生まれて初めてだった。

できた穴にコンクリート支柱を落とした。重すぎて刺すっというより重力にまかせて落っことすという感じ。

コンクリートの板で土留めも半分くらいできた所で、いい感じになってきた。

ここで、店長登場。「真ん中の杭が高く飛び出ていてかっこ悪い」と無責任発言。

左の支柱に合わせてバランスと取るには、やり方2通り。

1.真ん中の支柱の上を10cmくらい切断する。

2.さっき死ぬほど苦労して埋めたばかりの支柱を掘り起こして、さらに10cmほり下げてから埋め直す。

検討した結果、こんな肉厚の鉄柱を切る道具もスキルもないので、2の埋め直す方法を選択。

スコップとつるはしで掘る、抜く、 → さらに深くほろうとしたが、粘土質の土が堅すぎて断念。また埋め戻した。

左半分の土留めも完成。

次の作業は削った所を転圧(踏み固める)する作業です。

プロはこんな道具を使ったり、

素人でも、タンパーというこんな道具を使うのでしょうが、

私の場合は、カフェの裏が、すぐ線路なので、これです。

枕木を切ったものに、垂木をビスで留めたものです。両手で持ち上げては落とす、持ち上げては落とすの繰り返しで転圧します。

転圧した地面に水準器で水平と取りながら、コンクリートの板を並べていきます。

自作の枕木タンパーで転圧しているので、地面がデコボコしています。1枚目から地面の水平が取れていません。

水準器をご存じの方は、以下の説明はスルーしてください。

水準器とは・・・水準器(すいじゅんき)は、物体の表面に密着させて、水平または鉛直に対する物体の角度や傾斜(水平、垂直、45度など)を確認する器具。水平器あるいはレベルとも称呼されている。泡が中心にあれば、水平ということ。

コンクリート板をよけて、土をもったり、削ったりして水平を確認します。

一枚一枚水平を取って敷くのが面倒なため、水糸を張ってから進めることにした。

几帳面で神経質なA型の性格が災いして、4枚敷くのに、1時間以上もかかってしまった。

庭に埋まっていたコンクリート板をほぼ敷き終えた。

あとは、土がむき出しの所に他の所から砂利をすきとってきて、敷き詰める作業である。

砂利などを運ぶには、ネコという便利が道具がある。

ネコ

石黒ホーマ(現ホーマックのこと)で見つけて即買いしようと思ったが、このご時世なので、「出口戦略」を考えた見た。

購入したとして、今後またネコを使うことがあるだろうか?一生ないかもしれない。あったとしても、こんな大きいものを保管しておく場所がない。

使用後に転売ができるか? メルカリ等で売るにしても需要があるだろうか?こんな重量物は、送料の方が高くなりそうである。

ということで、「出口戦略」が見つからず、購入は見送りした。

バケツでせっせと運んで敷き詰めて、作業完了。

あー、腰が痛い。

やっぱり爽ガーデン(水谷内建設工業)様にお願いすればよかった。

-リフォーム

Copyright© cafe ku-pe , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.